ZEH目標公表資料

ZEH目標公表資料

ZEHの周知普及に向けた具体策

 一世帯あたりにおけるエネルギー消費が年々増加傾向にあり、住宅におけるエネルギー量の正味(ネット)をゼロにする取り組みである【ZEH】自体を、お客様にお伝えしきれないというのが現状です。
 そこで、これからのZEHの周知普及に向けた取り組みは、次の通りです。
・2020年に新築する住宅の過半数がZEH仕様になるように、打合せの段階でお客様にお伝えする
・見学会で配布するチラシやHP等で告知を行うことで、周知普及に努める

ZEHのコストダウンに向けた具体策

 従来の取引先や、各メーカーさんに協力してもらい、共にZEHに向けた住まいを研究し、ZEHのモデルプラン商品を規格化し、標準仕様を作成する。さらに、標準仕様を作成するにあたり、高断熱サッシ枠やガラス、高性能断熱材、高効率設備、高効率太陽光発電など、建材メーカーにこれからのZEH事業計画を公表したうえで、集中発注することによりコストダウンを図りたいと思います。

その他の取り組み

 建物の周りにある自然エネルギーの、太陽と風と地熱を、建築設計の考え方で最大限に利用します。
 そのためには?
1.断熱機密  
断熱性能が高いのはもちろん必要ですが、隙間だらけの家では、外気温に室温が左右されています。外壁や床や屋根、サッシの隙間など、外気に面する部分の機密工事をしっかりする事が重要です。
2.日射遮蔽と日射取得
 の太陽熱は庇でしっかりと遮ってあげないといけません。
 なぜなら、断熱性が高いと、太陽熱が室内へ入ることで、かえって室温が上がり暑い家になってしまうからです。
 ですが、の事を考えるとこの話が逆になります。昼間の太陽熱を室内に入れてあげた方が、温かい家を実現できます。この二つを両立するために、夏と冬の太陽の角度を利用します。
3.自然風の利用
 地域に吹く風を取入れた窓と間取りを考えます。
4.昼光利用
 いかに昼間照明をつけずに過ごすかを考えます。
5.日射熱利用暖房
 南の窓を大きく開け、昼間に室内に太陽熱を沢山入るように設計をします。蓄熱体で室内温度を安定させます。
 南の窓は大きくし、明るく、開放的で、風を感じられる家を造る事によって、基準一次エネルギー消費量の削減を図ります。


知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント